筋力トレーニング・筋肉作りに励む方はもちろん、近年はダイエットの味方としても大注目のプロテイン。利用にあたっての基礎知識等から人気商品のレビューまで、やさしく徹底的に紹介していきます!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に合ったプロテインとは?~プロテインの選び方1

一口にプロテインといっても、
実にたくさんの種類があります。

製造・販売しているメーカーは国内だけで10社以上、
各社が複数の商品をラインナップしていますから、
特に初心者の方にとっては、
「どれを選んだらよいか分からない」状況でしょう。

最も自分に合ったプロテインを選びたいのが人情ですが、
そのためには、まず「自分はなぜプロテインを飲むのか」を
はっきりさせておくとよいでしょう。

体重増を含めて全体的に体を大きくしたいのか、
脂肪はできるだけつけずに筋肉を増やしたいのか、
あるいは、ダイエットのために利用するのか、

この辺りがはっきりしていれば、
自分に合ったプロテインを決まってくるはずです。

次々回以降、それぞれの目的に合った
プロテインについてご紹介します。
体重増を含めて全体的に体を大きくしたい
脂肪はできだけつけずに筋肉を増やしたい


↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

体重増を含めて全体的に体を大きくしたい~目的別にみるプロテインの選び方1

野球や柔道をやっているなど、とにかく大きな体づくりを希望する方々にとってプロテインは大いに役立ちます。また、痩せすぎで困っているという方にとっても、プロテインは大きな味方となるでしょう。

人間の体の構造上、体を大きくしたい場合は、とにかく多くのカロリーを摂取する必要があります。

性別・年齢・体重などによって1日の必要カロリーは大きく異なりますが、体を飛躍的に大きくするには、やはり毎日2500kcal以上は摂取していきたいもの。

もちろん、いくら体を大きくしたいとはいっても、脂肪でブクブクの体を希望する人はいないでしょう。しかし、普通の食事で多くのカロリーを取ろうと思うと、どうしても脂質や糖質(代表選手はご飯です)が増えてしまうのが一般的なパターンでしょう。

そこでタンパク質を集中的に摂取するため、プロテインを活用するわけですが、体を大きくするのが第一目的ですから、プロテインを選ぶにあたってタンパク質の含有量にそれほど神経質になる必要はないかもしれません。

脂質や糖質をそぎ落とし、タンパク質の含有量を高めたプロテインほど、高価になる傾向があります。

多少、タンパク質の含有量は低くても、できるだけ安価なプロテインをたくさん購入し、量を多く、すなわちたくさんのカロリーを取るほうが、大きな体作りには近道といえるのです。

下記は、大量のプロテインを摂取する人にお勧めのプロテイン。どちらも100gあたりのタンパク質の含有量は75g前後であり、純粋なプロテインとしても十分に優秀な数字です。特にグリコ マックスロードホエイプロテインは、3㎏もの大容量ながら、格安ショップなら8,000円台となっており、一昔前なら考えられないような低価格で提供されています。

グリコ マックスロードホエイプロテイン ミルク風味 3kg
グリコ マックスロードホエイプロテイン ミルク風味 3kg
グリコ マックスロードホエイプロテイン チョコレート風味 3kg
アマゾンの価格も見る→MAXLOADホエイプロテインミルク風味3kg


Kentai(ケンタイ) メガバリュー 100%ホエイプロテイン プレーンタイプ 3kg
メガバリュー 100%ホエイプロテイン プレーンタイプ 3kg
メガバリュー 100%ホエイプロテイン ビターチョコタイプ 3kg
メガバリュー 100%ホエイプロテイン ストロベリータイプ 3kg
アマゾンの価格も見る→メガバリューホエイプロテイン プレーンタイプ 3kg

ゴールドジム ウエイトゲイナー チョコレート風味 3kg
ゴールドジム ウエイトゲイナー チョコレート風味 3kg
アマゾンの価格も見る→ゴールドジムウエイトゲイナー チョコレート風味


なお、より体を大きくすることを目的としている場合には、とにかく体を大きくしたい人はウェイトアッププロテインの記事をご覧ください。

脂肪はできるだけつけずに筋肉を増やしたい~目的別にみるプロテインの選び方2

筋肉はつけたいけど、
一緒に余計な脂肪がつくのはイヤだ―。

これは、多くの方々が抱く希望だと思います。

しかし、残念なことに人間の体というものは、
よほどのことがない限り、
筋肉だけをつけることはできません。

適切な筋力トレーニングと
必要十分なタンパク質の摂取はもちろんですが、
同時にそれなりに脂質と糖質も取らなければ、
効率よく筋肉を発達させることはできないのです。

ただ、脂肪をつけたくないというもの人情。
この場合は、脂質と糖質をできる限り抑え、
タンパク質中心の食生活を徹底する必要があります。

このケースでは、選ぶべきプロテインも
おのずと高タンパク質タイプのものになってきます。
単に体を大きくする場合よりも、多少高価でも
よりタンパク質の含有量が多いプロテインを
選ぶようにするのが得策でしょう。



↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします!
blogram投票ボタン
カテゴリ
DNS (2)
プロフィール

ビートル

Author:ビートル


プロテインと出会って約20年。
年々おいしくなる(?)、
この素晴らしいサプリメントを
できるだけ多くの方々に
紹介していきたいと思います。

最新コメント
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
お勧めプロテイン
発売当初から愛飲しています。 とにかく高品質のプロテインです。 Kentai(ケンタイ) 100%CFM ホエイプロテイン マッスルビルディングタイプ 1kg徳用袋
100%CFM ホエイプロテイン マッスルビルディングタイプ 1kg徳用袋
アマゾンの価格も見る

素晴らしいスペックの一言です。 タンパク質の含有量は特筆もの。 DNS ホエイプロテイン スーパーストイック プレーン風味 1000g
DNS ホエイプロテイン スーパーストイック プレーン風味 1000g
アマゾンの価格も見る

最もスタンダードな優良プロテイン。 味も豊富で初心者にお勧め。 ザバス(SAVAS) ホエイプロテイン100 バニラ風味 1kg
ザバス(SAVAS) ホエイプロテイン100 バニラ風味 1kg
アマゾンの価格も見る

これまでの常識を打ち破った安さ。 高品質・安価がついに両立。 グリコ マックスロードホエイプロテイン チョコレート風味 3kg
グリコ マックスロードホエイプロテイン チョコレート風味 3kg
アマゾンの価格も見る
検索フォーム
最新記事
簡単ブックマーク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
リンク集
FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。